風俗で本気逝きができたので記念に体験談を書いたのでご覧ください。

風俗で本気逝き

宣伝文句に騙されたものの良質な風俗店

閉経したババアばかりが揃った風俗店、なんてあんまりな宣伝文句のデリヘルを見つけ、怖いもの見たさということもあり、お世話になってみました。想像通りに熟女が揃ったデリヘルで、そこにいるのはババアばかりではありませんでした。というのも、50代の人が相手してくれたんですが、ババアと呼ぶには失礼なくらいの上品な美魔女さんだったからです。ハリやツヤのある肌で、年齢を感じさせないほどです。ちょっと試すくらいですから50分でお願いしていたんですが、思わず延長お願いしてしまったほどです。いろいろされてみたいし、いろいろしてみたい、そんなことを思わせる人であったからです。本当に閉経してたかどうかは分かりません。当然ながら本番なしのヘルスプレイで抜かれるわけですから。あえて聞くのも失礼に感じたので、分からずじまいで、別に分からなくてもいいやといった本心もあります。なにせ3度の連続素股で抜かれまくりましたから、他のことは気にならなかったわけです。宣伝文句に騙された感はありますが、いい熟女風俗店のようにも思えます。

透けた衣装で悩殺させまくる人妻デリヘル嬢

こないだのデリヘル使っての風俗プレイでは、言葉通りに悩殺された感があります。人妻デリヘルの可愛らしい顔しながらも豊乳のムチムチした人が相手してくれたんですが、衣装を着てのプレイがとってもいやらしかったからです。ワンピース水着みたいな形をしたレオタードを着てのものだったんですが、透け度が高く、透かされた乳輪がいやらしく映えるものだったんです。いかにも経産婦らしいワイドサイズな乳輪ですから、そのままで見るよりも透けた衣装のフィルター掛かっていたほうがいやらしいものだったのです。その姿のままで体じゅうを擦りつけて責めてきますから、ムスコも張り詰めすぎてしまうほどでした。自分でも痛いくらいでしたから。それをいじられれば敏感に反応しないわけがありません。ビクンビクン脈打ちながらいじられ続けることになってました。あまりにもこちらの反応がいいので人妻さんも気が乗ってきたのか、さらにイタズラするように責めを深めてきます。フィニッシュが近づいたときには、ムスコが膨らみすぎているのを自分で分かるぐらいでしたから、出すときもかなり勢いのよすぎるものでした。

痴女にエスコートされるままに抜かれまくる

痴女デリヘルを使っての風俗プレイ。誘われるまま誘導されてプレイが進んでいきました。まるで上手にエスコートされるようにプレイが変わり進んでいきましたから、段取り上手な痴女さんであったようです。寸止め焦らしも慣れた様子でこちらを切ない思いにさせてくれるものでしたし、また自分の体を見せつけては悦に入るなんてスケベ心も高い人でした。実は焦らされているにも関わらず、ついには我慢しきれず暴発させてしまいました。手コキ、たまにお口で、なんて責め方をされてる時だったんですが、恍惚な表情を浮かべてそれをするもんですから、思わず反応してしまったわけです。お仕置きでもう1回、なんてことになりましたが、初めからこうなることを見越していたのかもしれません。上手い具合にその痴女さんの手のひらで踊らされているようなものでした。主導権握られてのプレイとなってしまいましたが、何度も気持ちよくしてもらえましたし、不満を感じることもありませんでした。抜きたいときには痴女さんに相手してもらうのもよろしいかもしれません。


少し焼けた肌のギャル系若妻とエエ思い

自分好みのお店見つけると、風俗遊びもより楽しくなるもんです。その分、そこを使う頻度も多くなるんで、予算の確保で悩みが生じやすいことにはなってしまいますが。自分お気に入りのお店は人妻デリヘル、熟女な人妻さんよりも若妻さんの比率が高いお店です。そのせいなのか、例えばギャル系などいろんなタイプが混じっているんで、つい気を惹かれる相手が多数いるわけです。その点で言えば、別に人妻好きでなくとも、充分イケる店かもしれません。この前相手をしてもらったのは、少し焼けた肌をしたギャル系の若妻さんです。細い体ではあるけれどムッチリ感もあるフェロモン漂わす人でした。タイトなワンピースでのご登場でしたが、いい具合にムッチリ具合が強調されて男心をくすぐるものでした。こちらに身を委ねてくるような接し方をする人であったので意表を衝かれたものの、好きなように楽しませてもらえるのでかえってお得な人でした。最後は覆いかぶさられながらの騎乗位素股でしたが、なんだか気が入ってしまいそうで気持ちよさが数段高いもんでした。

丁寧な責めが濃厚で豊潤な風俗嬢のサービス

礼儀正しくゆるふわロングな髪型のお姉さん、風俗嬢というよりもどこかの会社で受付嬢をしていそうな雰囲気です。優しげな笑顔で親しみやすさもあるデリヘル嬢なんですが、どうしてもその胸元には目が行ってしまいます。ふっくら盛り上がったものですから、つい妄想を掻き立てられてしまうわけです。ひと言で例えるなら、上品だけどエッチなお姉さん、そんな感じではあるでしょう。礼儀正しい人ですから接客態度も丁寧、もちろんプレイでも丁寧すぎるサービスをしてくれます。そのおかげでいい具合に濃厚な責めをしてきますから、気持ちよすぎて堪らない状態にされてしまうわけです。そしてふっくらな胸を使ったパイズリ、それは濃厚というよりも豊潤と書いた方がしっくり繰るようなものでした。お餅とマシュマロの中間みたいな柔らかな感触で圧迫され、谷間はローションで滑りを良くしたものですから、挟まれているのではなくまるで谷間を泳いでいるような感覚です。そのお姉さんの責めには、気持ちがこもったサービスだと勝手に思い込んでしまう程のものでした。

長身な人妻と絡みつくローションプレイで

風俗経験が少ない人妻さんが揃うデリヘルから来てくれたのは、モデルさんみたいに長身な人でした。僕が新宿で風俗遊びするときは、長身の人が相手だと嬉しかったりします。体全体のサイズが大きいですから、全体的にいじり甲斐がありますし、特に下半身のキャンバスは広いわけですから、そこに煩悩を描きこむスペースも広いわけです。だから全身感じやすい人だと、余計に楽しめる相手だったりします。こちらがいじっている間に、むこうもたまらなくなってきてさらに感じようと全身を絡みつかせる、なんてことにもなりやすいからです。全身を絡みつかせながら甘い息を漏らす、なんてことにもなるわけですから、いかにもエロいシチュエーションであるわけです。全身を絡みつかせることで向いているのはローションプレイです。ローション風呂のオプションお願いして、お互いに組み付きながら楽しませてもらいました。そのままフィニッシュするわけにはいかなかったので、ベッドの上まで焦らされて、ゆっくり動いたり激しく動いたりの素股で、こちらを悶絶させてくれました。